韓国ソウルの不動産情報ならソウル部屋ナビ 賃貸 韓国留学 駐在【ソウル部屋ナビ】

ソウル部屋ナビ

営業時間10:00~19:00

定休日日曜日

  • 電話(日本)
  • 電話(韓国)
  • LINE

ブログ

知らない人も多い?ソウル5大宮殿特集!

 

アニョハセヨ!

ソウル市内にある5大宮殿をご存知ですか?

実は私は景福宮しかいったことがないのですが、

ソウル市内には有名なところが他に4か所、

全部で5か所で5大宮殿と呼ばれております。

今日はその宮殿についてお話ししたいと思います^^

 

1.景福宮(경복궁:キョンボックン)

 

言わずと知れた一番有名な宮殿、景福宮!

『大きな福を受けて繁栄せよ』という意味で

太祖・李成桂の命を受けてつけられた名前です。

朝鮮が建国するのと同時に作られたので

5大宮殿の根源とも言えます。

 

*休館日:毎週火曜日

*アクセス:地下鉄3号線景福宮駅5番出口から徒歩5分

*入場料:3000w(青少年、高齢者、韓服着用者、毎月最後の水曜日は無料)

 

慶会楼(경회루:キョンフェル)

 

慶会楼は外国使臣を迎えたり、王が宴会を開いたところになります。

入場にはインターネットで事前予約が必要な場所です💡

慶会楼の上に上がって立って見下ろす景色は本当に最高だそうです✨

峨眉山後苑(아미산 후원:アミサン フウォン)

 

王妃の寝殿である「交泰殿」の背後にある丘のことです。

生涯宮の中に閉じ込められる王妃のために建てられた

小さな庭ではないかと考えられています。

特に春には花がとてもきれいに咲くので写真撮影にピッタリです♡

 

香遠亭(향원정:ヒャンウォンジョン)

 

池の真ん中に島を作って建てたあずま屋と言えます。

香遠停に架かる橋の名前は『酔香橋』と呼ばれ、

その名の通り、『香りに酔った』という意味です。

名前のセンスも抜群ですね☺

 

2.昌徳宮(창덕궁:チャンドックン)

 

景福宮に比べると知名度は少し劣るかもしれないですが、

宮殿の中でも最も美しいと言われております✨

保存状態が良く、自然と建築の配置も素晴らしいとのことで

宮殿の中で唯一『ユネスコ世界文化遺産』に登録されました。

 

*休館日:毎週月曜日

*アクセス:地下鉄3号線安国駅3番出口から徒歩5分

*入場料:3000w(青少年、高齢者、韓服着用者、毎月最後の水曜日は無料)

*後園入場料:大人8000w、小人2500w

 

後園(후원:フウォン)

 

花、紅葉を見るならここではないでしょうか・・・✿?

花だけだはなく風景もとても美しく、

昼と夜では違う姿を見ることができます。

ぜひどちらの時間帯にも行ってみてください◎

閣内各舎(궐내각사:クォルレカクサ)

 

昌徳宮に入ってすぐ左に見える建物が閣内各舎です。

あまり知られていな場所なので人も少なく、静かに観賞することができます😻

楽善齋(낙선재:ナクソンジェ)

 

韓国が大韓帝国だった時代に皇室の家族が滞在した場所です。

昌徳宮の他の建物とは異なり、派手な作りではなく、

一般的な家の姿をしており、静かな雰囲気を感じることができます👍✨

3.昌慶宮(창경궁:チャンギョングン)

 

昌慶宮は、西側は昌徳宮、南側は宗廟とつながっている宮殿です。

壬辰倭乱(イムジンウェラン、文禄・慶長の役)や日本植民地時代に

建物の多くが破壊、変形されましたが、1980年代に復元されました。

荘重な雰囲気と豊かな自然が調和されていて、

歴史散策を楽しむ観光客が多く訪れます。

*休館日:毎週月曜日

*アクセス:4号線ヘファ駅4番出口から300mほど

*入場料:1000w(青少年、高齢者、韓服着用者、毎月最後の水曜日は無料)

明政殿(명정전:ミョンジョンジョン)

 

昌慶宮の正殿として1483年に建てられました。

壬辰倭乱で焼失しましたが、1616年に再建され

それ以来昌慶宮が何度か火災にあっても、この明政殿に被害はなく、

現存する正殿のうち、最も古い歴史を持っています。

天井には鳳凰が金色で描かれており、国宝226号に指定されています。

大温室(대온실:デオンシル)

 

昌慶宮に入ってしばらく歩くと、視線を引き付けるユニークな建物が見えてきます。

その建物がまさしく有名な植物園です🍃

珍しい植物や花を展示しており、全面ガラスになった白い建物は

写真を撮るのにぴったりな場所となっています📷

4.徳寿宮(덕수궁:トクスグン)

 

徳寿宮は皇帝即位式をあげた場所として、

大韓帝国の皇宮であるということだけでも

歴史的な意味が大きい宮殿です。

石垣道やソウル市立美術館など、周辺に見物するところがたくさんあるので、

一日かけてゆっくり散歩するのもオススメです◎

*休館日:毎週月曜日

*アクセス:1号線市庁駅2番出口すぐ目の前

*入場料:1000w(青少年、高齢者、韓服着用者、毎月最後の水曜日は無料)

石造殿(석조전:ソクジョジョン)

 

こちらは大韓帝国のときに建てられた近代建築物で、

大食堂、寝室、書斎などを備えた所です。

今は「大韓帝国の歴史観」という展示スペースとして使われていますが

皇居の生活の様子をよく再現したと言われています^^

靜觀軒(정관헌:ジョンクァンホン)

 

靜觀軒は高宗が茶会を開催して音楽鑑賞をしていた場所です🎶

韓国伝統の様式と外国式のテラスの調和がとてもユニークになっております。

夜に行くと少し物寂しく独特な雰囲気を楽しめるのも

魅力の一つです✨

5.慶熙宮(경희궁:キョンヒグン)

 

慶熙宮は、正直あまり有名ではありません(笑)

他の宮殿に比べて、規模は小さめで、大きなイベント等も

行うことはないですが、建築美が認められていて、

特に崇政殿の階段の鳳凰や階段の横の雲の柄はとても評価されています!

春は桜がとてもきれいに咲くのでぜひ行ってみてください◎

*休館日:毎週月曜日

*アクセス:5号線西大門駅4番出口から徒歩10分

*入場料:無料

崇政殿(숭정전:スンジョンジョン)

 

慶熙宮の正殿である崇政殿。

ここでは王の即位式や朝会使臣の接待、宴会など

王室の公式的な行事が行なわれました。

 

瑞岩(서암:ソアム)

 

慶熙宮の一番奥の方に入ると大きな岩が見えます。

とても大きく壮大である様子から王の岩とも呼ばれます。

岩の上に上がると慶熙宮の全景が一目で見えます✨

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冒頭にも述べましたが私は景福宮しかいったことがありません><

これから紅葉がシーズンを迎えるので散歩しに行って見ようと思います🍂

韓服を着ればどこでも入場は無料になるので

ぜひレンタルして着て行ってみてください♡

 

 

 

なお

このブログを書いた人なお

コシウォンもワンルームも、留学に関することならなんでもご相談ください! 留学とワーホリ、社会人の3つを経験した立場から、 皆様を全力でサポートいたします^^ 安心してお任せください。 私もK-POPが好きで勉強を始めました!音楽が好きな方もドラマが好きな方も、趣味で語学をしてる方も、韓国生活がとっても楽しいものになるように最高のお部屋をご紹介します!!

ページ先頭へ