韓国ソウルの不動産情報ならソウル部屋ナビ 賃貸 韓国留学 駐在【ソウル部屋ナビ】

ソウル部屋ナビ

営業時間10:00~19:00

定休日日曜日

  • 電話(日本)
  • 電話(韓国)
  • LINE

ブログ

韓国ひとり暮らしで1年間にかかる生活費!

 

こんにちは^^

 

これから韓国での一人暮らしをお考えの皆様、実際に韓国に行ったら生活費がどれくらいかかるのか気になりますよね><

 

今回のブログでは、部屋ナビスタッフが実際に1年間集めた公共料金の請求書を参考に、ワンルームの場合で1年間にかかる生活費についてまとめました!

 

 

 

公共料金の内訳

 

韓国でワンルームに住む場合、「管理費」に含まれていない公共料金は、別途支払う必要があります。

例:管理費に「インターネット代」のみ含まれている場合→水道・ガス・電気 料金は別途支払う。

  管理費に「インターネット・水道代」が含まれている場合→ガス・電気 料金は別途支払う。

 

ワンルームの場合、インターネット代は管理費に含まれている場合がほとんどなので、 水道ガス電気 × 契約期間 分の料金が発生するというわけですね!

 

また、留学やワーキングホリデー等で6か月以上の長期滞在をする場合には、国民保険への加入が義務付けられています。

そのため、滞在が6か月を過ぎると保険料の支払いもしなければなりません。

※今回はワーキングホリデーの場合の請求額です。

 

実際に掛かる費用

 

まずは水道代!

82,128ウォン(1ヵ月平均:6,844ウォンほど)

 

ガス代

258,741ウォン(1ヵ月平均:21,561ウォンほど)

 

電気代

126,938ウォン(1ヵ月平均:10,578ウォンほど)

 

保険料

984,640ウォン(初回:246,160ウォン/6か月以降:123,080ウォンほど)

 

 

合計:1,452,447ウォン

 

日本円にして約14万円ほどが1年間に掛かる公共料金費用ということですね!

※20年11月14日時点のレート基準

 

 

その他お家に掛かる費用

 

これで公共料金に掛かる費用は分かりましたが、ワンルームで生活するためには、もちろんお家の費用も必要ですよね?

物件に関する費用はこちらの記事から詳しくご覧いただけますが、

 

例として、保証金1000万ウォン/家賃55万ウォン/管理費5万ウォン のお家に1年間(12か月)住んだとすると、掛かる費用は

 

1000+(55×12)+(5×12)なので

 

合計:17,200,000ウォン

 

日本円にして165万円ほどが1年間に掛かる物件の費用になります!

※20年11月14日時点のレート基準

 

 

つまり・・・

 

韓国でワンルームで生活をするうえでかかる費用はおおよそ

 

18,652,447ウォン

 

日本円にして約180万円ほどが必要!ということになります!

※20年11月14日時点のレート基準

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は韓国でワンルームに1年間暮らした場合の費用についてまとめてみましたが、こちらはあくまでも一例となりますので、ご参考までにしていただければと思います^^

 

例えばワンルームでももう少し保証金の低いお部屋だったり、管理費に含まれる公共料金によっては金額も大幅に変わってきます!

 

また、お部屋のタイプをコシウォンに変えて考えてみるだけでも、だいぶ選択肢は広がると思うので、韓国での生活をお考えの際は、ぜひ一度ご相談くださいませ^^

 

 

ソウルジャパンメディア

このブログを書いた人ソウルジャパンメディア

韓国ソウルの不動産情報ならソウル部屋ナビにお任せください。

ページ先頭へ

ページ先頭へ