韓国ソウルの不動産情報ならソウル部屋ナビ 賃貸 韓国留学 駐在【ソウル部屋ナビ】

ソウル部屋ナビ

営業時間10:00~19:00

定休日日曜日

  • 電話(日本)
  • 電話(韓国)
  • LINE

ブログ

韓国の物件タイプ!3つの種類の特徴!

 

こんにちは!

 

韓国でお部屋を探すとき、物件のタイプは

・コシウォン

・ワンルーム

・オフィステル

と大きく3つに分かれます!

 

今回のブログでは、それぞれの物件タイプの特徴を簡単に説明していきますので、

是非お部屋探しの参考にしてみてください^^

 

 

コシウォン

【価格】

保証金:0~10万ウォン程度

家賃:25~70万ウォン程度

管理費:なしのところがほとんど

 

【基本のオプション】

机イス・テレビ・本棚・クローゼット・ベッド・冷蔵庫・Wi-Fi・冷暖房設備

シャワールームの有無は物件やお部屋により異なります

※物件によっては電子レンジ、洗濯機がついているお部屋も!

 

【特徴】

コンパクトなお部屋に、ベッドと机とその他家具がぎゅっと詰まったようなお部屋!

個室は必要最低限のスペースなので、キッチンや洗濯は共同で利用できる設備が用意されています!

 

【デメリット】

・お部屋が狭め

・キッチンや洗濯機などは、他の入居者の方と共同使用

・お部屋同士の間隔が近いため、生活音に敏感な場合は少し注意が必要かも><

・お友達等、契約者以外の人の宿泊は厳禁!

 

【こんな人におすすめ】

とにかく費用を安く抑えたい!

→保証金や家賃がお手頃価格なのに加え、物件によってはご飯やキムチ、ラーメン等の食事類

 また洗濯洗剤等を無料で提供してくれるので、何かと安上がり!

短期間の契約をしたい!

→コシウォンは最短1ヵ月からの契約が可能なところがほとんどなので、短期間での滞在や

 退去の際も日割り計算が可能の場合があったりと、比較的気軽に契約できます!

家具家電を自分で用意したくない!

→コシウォンの場合、Wi-Fi・ベッド・机イス等必要な家具は全てお部屋の中に揃っているので

 大型家具や家電を自分で購入する必要がありません!

 

 

ワンルーム

【価格】

保証金:500万ウォン/1000万ウォン

家賃:50万ウォン~80万ウォン程度

管理費:5万ウォン~8万ウォン程度

 

【基本のオプション】

冷蔵庫・洗濯機・シンク台・コンロ・クローゼット・靴箱・エアコン・オンドル

インターネットは回線のみ含まれている場合が多いです。

※物件によってはWIFI共有機、机イス、電子レンジ、ベッド等がついているお部屋も!

 

【特徴】

一人暮らし用のお部屋で、基本は5階以下の低層階の建物。

完全に独立した部屋で、日本でいうところのアパートのような感覚です!

契約期間は1年~が基本となっているので、短期契約を希望している場合は、要注意です!

(ご案内可能な物件もあるので、ご相談ください^^)

 

【デメリット】

・お部屋によっては、家具や家電を自分で用意する必要があります。

・お部屋の中で生じた問題は、自分で解決が基本です><

 (もちろんオーナー様への相談で解決する場合もありますが、

  物件によってはオーナー様が遠方に住んでいてすぐには対応できない場合も💦)

 

【こんな人におすすめ】

なるべく費用を抑えつつも、独立した個室で生活したい!

→コシウォンのように共同スペースを使う必要がないので、一人でのびのび生活することが出来ます^^

部屋に友達を呼びたい!

→ワンルームやオフィステルの場合、お部屋内にお友達を呼んだり宿泊もOK

 ただし長期の滞在は契約違反となる場合があるので要注意です!

大きな窓が欲しい!

→コシウォンの場合、外窓のお部屋もありますが、比較的小さい窓のことが多いので、

 それに比べてワンルームは換気やお洗濯を干したりがしやすいです^^

 

 

オフィステル

【価格】

保証金:1000万ウォン

家賃;60万ウォン~100万ウォン程度

管理費:7万ウォン~13万ウォン程度

 

【基本のオプション】

冷蔵庫・洗濯機・シンク台・コンロ・クローゼット・靴箱・エアコン・オンドル・シャワーブース

インターネットは別途契約が必要な場合も

※物件によっては電子レンジ、スタイラー等がついているお部屋も!

 

【特徴】

ワンルームよりさらにセキュリティ面、お部屋の作りがグレードアップしたような物件。

日本でいうところのマンションのような感覚です^^

高層の建物が多く、低層階には管理室があり、中には駅直通の物件もあったりします!

契約期間は1年~が基本となっているので、短期契約を希望している場合は、要注意です。

(ご案内可能な物件もあるので、ご相談ください^^)

 

【デメリット】

・保証金、家賃が高め

・インターネットは自分で開設する場合も

・ワンルームに比べて備え付けの家具が少ない

 

【こんな人におすすめ】

安全性重視!

→オフィステルはオーナー様とは別に建物の管理人の方がいるので、何かと安心です!

きれいなお部屋に住みたい!

→ワンルームに比べ、お部屋の設備が高級なものも多いため、比較的綺麗なお部屋が多いです!

シャワーブースが欲しい!

→3つのタイプの中でシャワーブースがあるのは基本的にオフィステルのみ

 トイレとシャワーを分けて使いたい方にオススメです。

ロフトが欲しい!

→最近増えてきたロフト付き物件。これもオフィステルならではの作りで

 天井も高く、空間を有効活用できます。ワンルームに比べると収納スペースが多いのも特徴です^^

 

 

まとめ

 

3つの物件タイプの特徴がつかめましたでしょうか?

それぞれ物件ごとにメリット・デメリットがあるので、予算や希望に合わせてお部屋探しをしてみてくださいね^^

 

また今回紹介したのは、一般的な特徴をまとめたものなので、物件によりそれぞれ条件は異なります。

詳しくは、部屋ナビ公式LINEにてご相談くださいませ💁

 

ソウルジャパンメディア

このブログを書いた人ソウルジャパンメディア

韓国ソウルの不動産情報ならソウル部屋ナビにお任せください。

ページ先頭へ

ページ先頭へ