韓国ソウルの不動産情報ならソウル部屋ナビ 賃貸 韓国留学 駐在【ソウル部屋ナビ】

ソウル部屋ナビ

営業時間10:00~19:00

定休日日曜日

  • 電話(日本)
  • 電話(韓国)
  • LINE

ブログ

光熱費の振込方法!

 

こんにちは^^

 

韓国でワンルームにお住いの場合、管理費に含まれない電気・水道・ガスなどの光熱費は、

毎月ポストに届く請求書に従って、お振込を頂くようになります。

※口座引き落としシステムはありません><

 

そこで今回は、光熱費の振込方法について紹介をしていきます!

 

振込方法は3つ!

 

銀行口座のありなしにより利用可能な振込方法は異なりますが、大きく分けて

・コンビニ振込

・銀行振込(窓口/ATM)

・オンライン振込

の3つが挙げられます^^

 

 

コンビニ振込

 

日本の各種請求書のコンビニ支払いと同様に、韓国でもコンビニで光熱費の支払いが可能!

韓国の銀行口座や外国人登録証がなくても大丈夫です^^

請求書をもっていけば、店員さんが処理をしてくれるので、現金でお会計をすればOK!

 

ただし、店員さんによっては処理の仕方を知らなかったり、店舗によっては受け付けていない場合も。

初めてのコンビニの場合は、対応可能か確認をしてみましょう^^

 

 

銀行振込(窓口/ATM)

 

銀行窓口で振込の場合は、コンビニ同様、銀行口座・外国人登録証がなくても大丈夫!

窓口にて支払いをしましょう^^

 

なおATMで支払いを希望の場合は、銀行口座または外国人登録証が必要です!

口座がある場合は、通帳かカードによる振り込み口座がない場合外国人登録証で、無通帳入金が可能です!

 

⭐光熱費の請求書の見方はこちら

 

 

オンライン振込

 

銀行口座を開設した後、各銀行やカカオトークのアプリを連動することで、銀行に行かなくても

オンラインでの振込が可能になります^^

 

 

写真のような請求書のQRコードを読み込むだけですぐ振込が出来ちゃうので、

銀行口座の開設ができたら、是非活用してみてくださいね^^

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

入国して間もなく、口座や外国人登録証がなくても光熱費の振込は可能です^^

口座をつくったあとなら、各種アプリと連携させるのが断然便利なので、スタッフも愛用しています!

 

日本円でのお振込や、代行振込をご希望の場合は、お支払いサポートも、もちろんご利用可能です!

 

ソウルジャパンメディア

このブログを書いた人ソウルジャパンメディア

韓国ソウルの不動産情報ならソウル部屋ナビにお任せください。

ページ先頭へ

ページ先頭へ